010-84799588

商業貿易与信コンプライアンス審査

企業信用リスクの絶えず上昇に伴って、商業貿易与信環境の中で、お客様はおそらく随時に不正経営のビジネスパートナーに出会うかもしれません。しかし、どのようにおよそ直面する信用リスクを回避しますか?その上、コンプライアンスリスクによるブランドのマイナス影響、名誉損失を低下しますか?どのようにたぶんあう重大な財務損失さらに法的制裁または管理処罰を回避しますか?


これらの問題に対処するために、ますます多くのお客様は自身の需要に適合するコンプライアンスリスク管理組織と管理流れの構築を着手し始め、さらにコンプライアンスで謹厳にビジネスパートナーを選択しようとします。同時にグローバル化管理の国際的なお客様に合わせるために、アメリカ『海外腐敗行為防止法』(FCPA)、イギリス『賄賂防止法』などの関連法律及び基準を遵守するコンプライアンス的要求に、パートナーに対する第三者コンプライアンススクリーニングは管理を最適化して、仕事の能率を高める肝心な要素の一つとなりました。



コンプライアンス報告書価値

  • 理念伝え

得意先のコンプライアンス精神と理念を対象会社へ伝え、協力双方の未来のさらに安定で、健康な業務発展を求めます。


  • リスクアセスメント

実地調査、外部情報によって、対象会社のコンプライアンス面の規範性及び現段階に存在するリスクをアセスメントします。


  • 実地調査

シニアデューデリジェンススタッフは実地インタビューの形式で対象会社と向かい合って状況を知します。


  • マルチルート検証

政府公的ルート、易達プラットフォーム内部ルートから情報を検証します。


コンプライアンス審査サービス


デューデリジェンス報告書

ease credit信用取引先のデューデリジェンス方法論、及びリスク評価分野におけるデータ資源の優位性に基づいて、商業リスクとコンプライアンスリスクを組み合わせて、企業基本情報、株主、株式、株主チェーン背景審査などの基礎情報から、注目の公共記録、企業対外投資、役員対外投資及び勤務状況、訴訟審査、不良記録など潜在的な商業リスクまでの多方面のコンプライアンス情報、パートナーのコンプライアンス危険点の多角的な理解に協力しています。




コンプライアンスデューデリジェンス報告書サンプルダウンロード


デューデリジェンスサービスが企業リスク削減への意味


企業合併買収リスクへの低減 融資の者にとっては、合併買収する企業の株式と資産状況をもっと理解するのがある程度で合併買収リスクを低減することができます。会社の買収はリスクの高い投資活動です。合併買収の可能性を増やし、合併買収によるリスクと損失を低下するため、買収先は方策を決める時、必ずできるだけはっきり、詳しく対象会社の状況を理解すべきです。合併買収の実践の中で、買収先は通常は専門家のデューデリジェンスで対象会社の関連状況を把握するのです。

詐欺リスク、コンプライアンスリスクまたは連帯責任の回避 銀行業の競争が深刻になるのにつれて、国内外の金融業界は業務発展の加速と大手取引先市場の拡大をするため、新製品を絶えずに売り出します。一方、商業銀行はざるを得ずにその発展過程の中にさまざまな新規リスクの脅威にあいます。そのうち、世界的な金融業界が直面する最大のリスクの一つは金融詐欺です。銀行は経営管理過程に直面している最も主要なリスクは信用リスク、市場リスクとオペレーショナルリスクを含めます。様々な原因で、詐欺リスクはオペレーショナルリスクの一種として、長期にわたって無視された状態にあります。詐欺リスクにおいて、最も目立つのは内部人員の参与する詐欺、資産盗用、法律違反及び会社規則制度違反の行為であり、例えば内部者ポジション水増し、盗難及び職員口座でのインサイダー取引。外部詐欺は第3者の詐欺、資産盗用、略奪、偽造、空手形発行及びハッカー侵入などです。デューデリジェンスは有効に主導監視、様々な詐欺リスクの管理を効果的に防犯し、銀行運営のリアルタイム監視を強化し、内部と外部の効果的な制御を実施して、全面的なリスク管理システムの構築を補助することができます。



各方面で贈収賄など訴訟リスクの発見または排除 商業賄賂が法律上の定義は、経営者が商品を販売又は購入するため財物またはその他の手段を採用して相手企業又は個人を賄賂する行為というものです。定義から見て、商業賄賂と他の賄賂行為の違いは主体と動機にあります。商業賄賂の主体は特に営利的経営活動に従事する法人を指し、その動機は商品を販売又は購入するのです。この特徴は企業が商業賄賂防犯の第一戦線と中核であると決定します。