010-84799588

サービスの主旨:

easecredit金融与信サービスは、提携銀行、ファイナンスリース、証券会社、ビジネスファクタリング会社、インターネット金融などの金融類得意先のために前中後期リスクコントロール能力を向上し、リスク管理プロセスを最適化して、コストを削減します。中核得意先の上流と下流企業の資格と信用リスクの評価に協力しています。





サービス紹介

KYC調査

Easecreditはお客様のために企業の商工業登録情報と株主情報、歴史訴訟記録の調査を提供して、金融機関に協力して企業基本情報及び企業株主、取引相手など関連方の状況を検証して、金融機関へ第1本のリスクファイアウォールを提供します。


信用リスク調査 
Easecreditはお客様のために企業信用リスク報告書を提供し、公的ルートから入手した企業総合情報を収集してまとめ、金融機関に協力して企業の信用リスクを理解します。貿易ファイナンス類業務に対して、中核得意先の上流と下流企業の基本情報、取引信用状況、経営状況、企業変更、マイナス情報などを調査して、金融機関に協力して与信など方面の評価を行います。

現場信用調査サービス(SV)

easecredit現場信用調査サービス(SV)は金融機関へ貸付前の現場調査、リース設備検査、抵当権設定登記の代行など現場到着の必要がある調査、仕事を提供して、プロセス効率の向上、コスト低減に協力しています。



貸付前の現場調査

金融、設備リースなど得意先のために、設備リース側の設備の取り付け状況、使用状況と設備状態に対して調査、追跡を行い、レンタル側の権益保障の取得に協力しています。
抵当権設定登記の代行:金融類得意先のために、与信企業抵当物(品物、設備、車両、不動産など)が地元工商システムでの抵当権設定登記の取り扱い仕事を完成し、与信企業抵当物の権益を保護します。



貸付後リスク監視
Easecreditは独自の7X24オンライン企業データベースサービスプラットフォームに基づいて、データベースをリアルタイムに追跡して、約7000万社以上の各類市場主体を収集してダイナミック更新します。いろいろな特色情報源を統合し、例えば「企業対外投資、法定代表人調査、訴訟と執行記録、登録情報監視」など、得意先を更に全面的かつ効率的に理解するのに協力して、その上もっと正確な信用意思決定を作るのに協力しています。
弊社は中国のすべて省市の信用公示情報を統合するので、企業の調査効率を大いに高めるだけでなく、ダイナミック、リアルタイムのリスク監視を提供することもできます。

中小企業融資リスクマネジメント

中小企業信用システムが不完備で、銀行が中小企業への「貸し渋り」

市場経済は信用経済であり、企業信用関係は市場が有効に運行するかどうか及び健康に発展するかどうかに関わります。しかし、現在、中国のいくつかの中小企業は信用が深刻に欠如し、銀行ローンを滞納するだけでなく、さまざまな名義で銀行債務をも逃れます。故にほとんどの銀行は中小企業へ融資したくないです。ある程度で中小企業の融資能力を弱体化しました。


中小企業は銀行融資の抵当担保条件に満足しがたく、ローンリスクが大きく、そして財務管理レベルが低いなどのため、銀行から融資される積極性が高くないです。


Easecredit金融与信ソリューションは与信審査の流れを効果的に加速し、一部オートメーション、バッチ処理の審査を行い、虚偽、関連担保、偽の取引相手、関連企業、グループメンバー関係を有効に識別して、信用調査コストを大幅に低減します。

アシスト金融機関:

1.貿易融資先取引相手信用審査

2. 小企業貸付前の現場実地審査

3.IPOとM&A得意先の上流と下流企業信用審査

4.設備の融資貸付後検査

5.貸付後の企業不良情報監視


顧客の収益




企業コンプライアンスリスクを全面的にタイムリーに理解、企業の真実性を急速に確認し、直ちに詐欺リスク、コンプライアンスリスクまたは連帯責任を回避して、各方面の贈収賄など訴訟リスクを有効に発見して排除します。









情報非対称性の問題を有効に補充と解決して、中核得意先の上流と下流企業の資質と信用リスクの評価、関連取引の防止に協力しています。









審査認可効率と安全性を高めて、コストをおおいに削減し、市場業務の普及をより助長します。










企業の重大な事項またはマイナス面のニュースをいち早く把握し、金融機関の自身人力を節約して監視力を強化し、リスクを早めに発見する上、早めに行動します。